Re-faが取り組むSDGs

株式会社Re-faは、椅子、ソファを中心に、インテリア装飾、 メンテナンス
事業などを行っています。

「全ての皆様に感謝の心で愛情と想いやりを、笑顔溢れる空間創り」をスローガンに掲げ、大阪から全国へ、そして世界へ弊社の想いを
発信し、地元である大阪に貢献していきたいと考えています。

そこで世界基準の社会的な目標でもある、SDGsの達成に向けた取り組みを行い、理念の達成また全国の企業が取り組むSDGs活動のサポートさせて頂きたいと思っております。

http://re-fa.co.jp/sdgs.html

主な取り組みとして、
椅子・ソファの製作、張り替え
 Re-faアカデミー(認定職業訓練校)
 地域の子どもたちに工場見学の場を提供・インターンシップ受け入れ
 育てママの積極採用・短時間正社員制度・障害者の雇用
 社内検定制度・フレックスタイム制の導入
 生活習慣病予防検診・ISO9001
があります。

どれも大企業ではすでに取り組んでいる事案かもしれませんが、下町の町工場でもこんなにも積極的にSDGsの活動をしていることに正直驚きました。

使う人の立場にたってソファを壊れたから捨てるのではなく、リメイクして使えるように、高い椅子張り技術を持ったスタッフが張り替えたり、その技術を取得する為に社内に小規模職業訓練校を開校することで、社員育成にも取り組んでいます。

また、地域の子供たちに工場見学の場を提供したり、専門学校生などのインターンシップを行うことで、興味を持ってもらったり、事前に働く環境を知ることができます。

働く社員のためには、社内検定制度を実施し、いつか自立して活躍できる力を養ったり、子育てママさんや障害者などいろんな立場の人たちがそれぞれ働きやすい環境になるよう時短やフレックスなどの制度を整えているところも好感が持てます。

商品を使う人にも、働く人にもよりよい環境を提供できるように考えている企業の製品は一度は使ってみたくなりました。