京都 小川珈琲 sdgs宣言

小川珈琲はおいしいコーヒーの未来のために、地球の自然環境を守る活動や、持続可能な社会を保つ活動にも目を向けております。また私たちは、「お客様においしいコーヒーを提供し続ける」使命のため、SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも、「一杯のコーヒーからできること」として、ここ京都を中心に全国・世界へと活動を広げ、継続して取り組んでまいります。

https://www.oc-ogawa.co.jp/profile/sdgs/#index_oc

やはり、珈琲に関係する取り組みが多いみたいです。
少し例をあげますと、

「フェアトレード認証コーヒー」

コーヒーの生産国のほどんどが、開発途上国といわれる国々なので、フェアトレード最低価格があることで、生産者が安定した生活を送り、負荷なく良質な作物づくりに取り組めます。

「バードフレンドリー🄬」

近年のコーヒー農園は低コスト化を図るため、森林を切り開いて機械で収穫するようになりました。それにより、自然環境が失われ、渡り鳥が減少していました。そこで、スミソニアン渡り鳥センターは認証基準を設定、自然の森林に近い環境の認証農園のコーヒー豆をプレミアム価格で買い取ることにし、生産者と渡り鳥の支援をしています。
環境にも、生産者にも、消費者へもメリットがある取り組みだと思います。

また、女性の明るい未来のための支援も多く取り組んでいます。

One of Loveプロジェクト

このプロジェクトは、音楽とバラで途上国の子供たちの教育環境や、その母親である働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動です。
ラジオで聞いたことがあり、このプロジェクトもsdgsの貢献なんだと今回知ることができました。

「Grounds for Health」への支援・ピンクリボン京都
コーヒー生産国の女性の健康促進、 特に子宮頸がんの早期発見・治療を目的とした活動を行っています。
同様に乳がん啓発活動を京都から全国へ、そして世界中へ広がっています。

これから珈琲を選ぶときに、環境や人にやさしい会社の商品を手に取ってみたくなりました。京都へ行ったら、ぜひ立ち寄りたいです。