ビジネスの主流になるかも?SDGsとは

SDGsについて調べてみました。

SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

2000年に国連のサミットで採択された「MDGs(エムディージーズ/ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えたことを受けて、MDGsに代わる新たな世界の目標として定められました。

SDGsは、誰ひとり取り残さないことを目指し、先進国と途上国が一丸となって達成すべき目標で構成されています。

具体的にはどんな目標があるのか調べてみました。
2030年を年限とする「17の目標」その下に169のターゲット(具体目標)、232の指標が決められています。

17の目標は、
1 貧困をなくそう
2 飢餓をゼロに
3 すべてに人に健康と福祉を
4 質の高い教育をみんなに
5 ジェンダー平等を実現しよう
6 安全な水とトイレを世界中に
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8 働きがいも経済成長も
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
10 人や国の不平等をなくそう
11 住み続けられるまちづくりを
12 つくる責任つかう責任
13 機構変動に具体的な対策を
14 海の豊かさを守ろう
15 陸の豊かさも守ろう
16 平和と公正をすべての人に
17 パートナーシップで目標を達成しよう
です。

17の各目標に対し、それらを達成するために必要な具体目標(ターゲット)が、それぞれ5から10程度、計169設定されています。
(169のターゲットの詳細はこちら)https://www.unicef.or.jp/sdgs/target.html

企業の多くも本業を通じて目標達成に取り組むことが重要であると示唆しています。
多くのターゲットがあることで自社の活動に結びつけやすい側面があり、企業が取り組むメリットとして、SDGsの目標達成につながる製品・サービスの開発によって、新規市場開拓や事業機会創出につながる可能性があります。また、投資家の評価が高まり、顧客には良いイメージのブランディングができるでしょうし、そうした企業で働いている従業員の意識やモチベーションも向上するでしょう。

SDGsは、まるで自分が知らない地球のどこかで起きている”他人事”を解決するものだと感じる人もいるかもしれません。でも具体的なターゲットと照らし合わせていけば、”自分事”に引き寄せて考えられるテーマが見つかると思います。

SDGsの活動をしている企業などを調べたり、研究していきたいと思います。