12月21日(土)、2019年12月の勉強会を開催いたします。


一般社団法人 日本投資研究会よりお知らせです。

下記の通り、12月の勉強会を開催いたします。

奮ってご参加ください!

■開催概要

日時:12月21日(土)14:00~17:00 懇親会:17:30~予定

会場:銀座ルノアール マイ・スペース マロニエ通り店 6号室
東京都中央区銀座3丁目9番4号 銀座草野ビルディング4階
※東銀座駅 徒歩2分、銀座一丁目駅 徒歩6分、銀座駅 徒歩7分の
銀座ルノアールの運営する会議室です。

地図:https://goo.gl/maps/EPQR252SPrqKqAmW8

参加費:5,000円(非会員の方)
※会員の方は無料です

お申込みは以下のボタンからお願い致します。
※ボタンを押すと予約ページに移動します。

もしくは Facebookのイベントページよりお願い致します。

■研究内容

第1部
『地方創生で注目されるリゾート事業投資の可能性』
講師 沼居 輝(当研究会 代表)、大貫 篤志(公認会計士)

現在、トマムで行われている地方創生と事業投資を研究。トマムや越後湯沢などリゾート地で余るバブル期のマンションなどを開発業者と自治体が一体となって、新しい事業を提供し、収益を上げるモデルを検証します。投資とリターンのバランスから、仕組みの研究、研究会での小口投資の可能性まで、今、社会に求められるSDGsという観点から投資と地方創生を考えます。

第2部
『投資用不動産の運営のキモ!管理会社の仕組みと最適な選定方法を研究』
講師 ソナーレホールディングス株式会社 丸山朋子

投資用物件の維持で大切になる物件管理会社について研究します。サブリースという名の管理会社が有利になる仕組みを理解し、自分が保有する物件を運営するため最適な物件管理会社はどのような会社なのか?途中で変更はどのようなリスクがあるのか?物件を購入した後の維持管理や収支にフォーカスします。

第3部
『収益物件の出口戦略を研究。区分、フロア開発など新しい考え方の研究、そして、究極の処分、ウルトラCとは?』
講師:大貫 篤志(公認会計士)

収益不動産は、購入価格や銀行借り入れの状況によって、手取り収益が大きく変化します。購入後は、借り換えなど簡単に変更できないために、運営が困難になってくることがないとも言えません。現在そのような物件をお持ちの方が、現在の状況の中で考えられる出口戦略を研究します。区分処分、フロア開発という考え方から、究極のウルトラCまで、通常では出回らない切り口で研究していきます。